J weekly | サンフランシスコのフリーペーパー

みんなで学べるベイエリアの学校紹介


   2014年8月29日

Share

 

J weekly

J weekly

J weekly Mission College
(ミッション・カレッジ)
サンタクララにある人気コミュニティカレッジ。1967年に設立され、ベイエリアに住む学生のために質の高い教育を提供している教育機関のひとつ。場所も、高速道路101とグレートアメリカパークウェイに近いので、通学にとても便利。

ESL
English as a Second Language ESLクラスはミッション・カレッジでも人気のあるクラス。経験豊富なESL教師がそろい、言語や文化を問わず、わかりやすい教え方を熟知していると好評です。ESLクラスには二つのタイプがあります。

@初心者クラス(単位無し)
A中・上級者クラス(単位有り)

ESLクラスの他に、iBT受験やTOEFLのためのトレーニングクラスがあるのも人気の理由。ビジネス英語のスキルアップや大学入学の準備を目標とした生徒も気軽に参加出来るクラス編成となっています。

J weekly 対象年齢: 高校卒業生から
全体生徒数: 約10,000人
使用言語: 英語(他、外国語クラス有り)
J weekly Mission College
3000 Mission College Blvd,
Santa Clara, CA 95054
408-988-2200

日本語:408-855-5025
www.missioncollege.edu
J weekly

世界第一の補習授業校
生徒約1500名、教職員約130名。世界で第一位の生徒数を誇る補習校。自分の子供達に日本語をどのように教えていくのか試行錯誤した経験のある教員も多く、授業は熱心で集中力があり、真剣そのもの。教育者としての熱意が随所に感じられます。

「夢や目標の実現」をサポート
2013年4月に着任した市川貞男校長。中国の日本人学校に3年間赴任したことを皮切りに、帰国後教育委員会で授業や学校運営の改善のため多くの学校を訪問指導。更に4つの中学校校長を務めた後、大学の教育学部にて教員を志す学生のための専任講師となる、という教育の経験を持つスペシャリスト。今まさに日本の教育現場で何が起こっているのか、市川校長という「日本からの新しい風」を受け、日本の学校教育を実践しています。

生徒は「いつか世界の架け橋に」
アメリカでの生活だけでも困難なのに、あえて日本語の教育にもチャレンジするという選択肢を選ばれた生徒や保護者の方々に、必ずその先にプラスになることがあると、実感していただけるよう心がけています。様々な環境やバックグラウンドの生徒がどのように進路を考えていくか、定期的に保護者との面談を設定し、家庭と連携して指導を行います。

J weekly モットー: いつか世界の架け橋に
対象年齢: 幼小部(5歳〜)、中高部
全体生徒数: 約1500人
使用言語: 日本語
J weekly サンフランシスコ日本語補習校
22 Battery St. Suite #612
San Francisco, CA 94111(事務局)
415-989-4535
www.sfjs.org
J weekly

心と体の調和のとれた成長を
スローガンは「げんきなこころとげんきなからだ」。当園は、子供たちが心身共に成長できるよう、安全で健康的な環境整備に力を入れています。ポイントは五つ。

@「今日はこの遊びをしたい!」と思える環境
A自然や季節を感じるものを取り入れる
B社会事象を反映した教材を年齢に応じて取り扱う
C子供たちの日々の生活の様子が伝わる環境
D教師のオリジナリティーを出す

「遊び」を通して自己を確立
3?5歳は、人格形成の上で基礎となる年齢です。この時期の「遊び」はとても大切な要素。子供たちは遊びを通して周囲と関わり、安定した信頼関係を構築することで「自分」を確立していきます。 当園では充実した日本語環境の中で、年中行事を通して日本の心を学ぶほか、アメリカのプリスクールで体験する現地の行事も取り入れています。近隣の公園に出掛ける「にこにこウォーク」は、子供たちも大好きな体作りプログラム。週1回、サンフランシスコ太鼓道場による「太鼓レッスン」もあります。

保護者参加のプリスクール
PTA「あおぞら会」の活動は非常に活発。保護者が子供のために活動する姿を見ることは、子供たちにとって大変嬉しいことです。 また保護者も、子供の学校生活の様子を垣間見ることができ、教師やスタッフとの信頼関係も深まります。

J weekly モットー: げんきなこころとげんきなからだ
対象年齢: 3歳〜5歳
全体生徒数: 35名
使用言語: 日本語 /英語
J weekly ABC Preschool
426 33rd Ave.
San Francisco, CA 94121
415-387-9111
www.abcpreschoolsf.com
J weekly

楽しく、長く、日本語を学ぶ
モットーは「楽しく、長く、日本語を学ぶ」。アットホームな雰囲気の小さな学校で、1人1人のペースに合わせて柔軟な指導を行い、子供たちが楽しんで勉強に取り組める環境を提供します。

季節の行事と校外学習
春になれば桜、夏がくればビーチの絵など、施設内には季節感あふれる掲示物がいっぱい。掲示を変えたときは敢えて教えず、子供たちが自分から興味を持てるようにしています。また、外に出て実際に見て、触れて、団体行動をする校外学習も実施。マルカイマーケットさんの協力を得て、スーパーのお仕事を覗かせてもらったことも。

日本人としての教育方針
褒めて育てることも大切ですが、厳しさに裏打ちされた「人としての基礎」を教えることも必要です。誰かに会ったらあいさつをする、何かをしてもらったら「ありがとう」を言う、などなど。ルールや礼儀を守ることで初めて、たくさんの楽しさや自由が生まれるのだということを理解して欲しいと思っています。

J weekly モットー: 「あいうえお」から「わをん」まで
対象年齢: 3歳?小学6年生
全体生徒数: お問い合わせください
使用言語: 日本語
J weekly わをん
19956 Homestead Rd.
Cupertino, CA 95014
650-404-7516
www.wawon.co
J weekly

緑豊かなキャンパス
ニューヨーク・マンハッタンから北へ電車で45分。緑豊かで閑静な住宅街、ウエストチェスター郡パーチェスに本学院高等部があります。東京ドームの3倍以上の広大なキャンパスには四季折々の景色が広がり、寮の2人部屋は家具、電話、インターネットなど、生活に必要な設備を備えています。

慶應義塾唯一在外一貫教育校
本学院は、慶應義塾唯一の在外一貫教育校として州の教育法人認可を受け、1990年に設立されました。「バイリンガル・バイカルチュラル教育」の実践を設立理念の一つに掲げ、日英両語で意思疎通ができ、かつ情報発信能力のある人間の育成を目指しています。90%以上が入寮しているため、生徒間の結びつきが非常に強いのも特徴。一生の友を得て、「独立自尊」「気品の泉源、智徳の模範」「半学半教」に代表される慶應義塾独特の気風が育まれます。

社会貢献活動を推進
生徒たちには日米の文化の違いを理解し、自分の考えを堂々と主張する能力を体得してほしいと思っています。本学院では生徒が受験勉強に縛られることなく、地域コミュニティーの一員として社会に貢献するアウトリーチ活動を支援。感謝祭にはホームステイ体験を、クリスマスには周辺の家庭訪問を実施します。保護者と教職員間のコミュニケーションも大切にしています。

J weekly モットー: バイリンガル・バイカルチュラル教育
対象年齢: 14歳〜
全体生徒数: 337名
使用言語: 英語60% / 日本語40%
J weekly 慶應義塾ニューヨーク学院(高等部)
3 College Road, Purchase, NY 10577 USA
914-694-4825
www.keio.edu
J weekly

クラスルームや設備
2012年9月に学校が設立され、3年目になりますが、生徒数も増え、この7月に教室が移転しました。
緑に囲まれた静かなオフィス街で、より広い教室にて、小さい子共から大人まで、楽しみながら安心して日本語を学習できる環境を整えることができました。くるみ日本語クラスは、日本語を楽しくかつ徹底して子供に学ばせたいと考えているご家庭のお手伝いができればと考えています。

授業のポリシー・内容
当校の特徴は、少人数制で、日本語のみの整った環境で経験豊かな教師が、懇切丁寧な指導を心掛けています。幼児クラスは日本の幼稚園型のプログラムを取り入れています。 日本語を話せるメリットや、書ける喜びを体験することが大切です。文字への関心
を高め、読みたい、書けるようになりたい、につなげていきます。また、算数の基礎も学習することができ、足し算、引き算など楽しく学べます。2?3歳児は自然にことばを習得できるとても大事な時期です。遊びながら日本語が学習でき、社会性も身につきます。小学クラスは、日本の教科書学習の他、作文指導や、独自の副教材を使い色々な文学作品に触れることにより「読む、書く、聞く、話す」4つの力を総合的に伸ばし、日本の子供たちに負けない日本語力の習得を目指します。

先生方の特徴
教師陣は全員、日米両方での幼児教育、小中高教育に携わってきた経験豊かなスタッフばかりです。オーナーは3人おりますが、幼稚園教諭、保育園長、教諭経験者、また一人は看護師としても活躍し、子供たちの健康や安全衛生面にも気を配り、快適な学習環境づくりを目指しています。スタッフ全員が、生徒 一人一人のレベルに合わせ、手作りのカリキュラム、きめ細やかな指導をしています。

これから習いたいと思っている読者の方に一言
少人数制教育で、お子様の成長と発達にあわせた指導を心掛けています。基本を大切に、楽しみながら学ぶこと、 将来日本に留学、あるいは帰国しても通用する日本語教育を行っていきたいと思います。
他にそろばん、幼児アート、また日本語を主言語としない生徒のためのJSLクラス、大人クラス、また土曜日の幼児クラスも開講しています。

J weekly モットー: 元気にあいさつができる子、思いやりのある子、最後までがんばる子
対象年齢: 0歳から大人まで
全体生徒数: 45人
使用言語: 日本語
J weekly くるみ日本語クラス
367 Civic Drive Suite #15
Pleasant Hill CA 94523
925-289-8296
www.kurumi-japanese.com
J weekly

J weekly 楽しく日本語を学べる場
アメリカに住む子供が日本語を習得し、維持するのは困難です。でも、楽しく学んだ日本語は、誰にも盗まれない宝物。当園は、たくさんの宝を積み重ねて未来へと羽ばたく子供たちを応援します。

幼児クラス
3?4歳の「わかばクラス」は、質の高い教材で楽しい幼児教育を行っていて、特に衛生面にも気を配っています。

活気ある授業への取り組み
子供には「本物」に触れてもらいたい。その信念から、幼児部では専門家の講習に基づいた教育プログラムを組み、小学部ではデジタル教科書を導入。日本の新しい技術をいち早く取り入れています。

どんな学園行事が人気?
10月のハロウィーン仮装パレード、12月のクリスマスパーティー、1月のお正月遊び大会、2月のもちつき大会、3月の合同学習発表会、5月のメロンパン屋さん、6月のアンパンマン大会、8月の夏祭りなど。参観日を兼ねたイベントでは、保護者も大勢参加して大変盛り上がります。

J weekly モットー: 楽しく学ぶ
対象年齢: 3歳〜中学生、主婦やビジネスマン向けのクラスも有ります。
全体生徒数: お問い合わせください
使用言語: 日本語
J weekly 未来学園
10268 Bandley Dr. Suite #108B,
Cupertino, CA 95014
3168 Campus Dr.
San Mateo, CA 94403
408-391-3689
contact@miraigakuen.com
www.miraigakuen.com
J weekly

安心してお子様を預けられる環境
そらプリスクールは、中内玲子氏により創設されたインターナショナル・プリスクール。カリフォルニア州認定校として、4年前にパロアルト校、この夏にはサンカルロス校がオープン。「理想的なバイリンガル・カリキュラム」を実践しています。特徴の一つとして、市と州が定めたプリスクールの法令をしっかりと遵守し、安全で高水準の教育環境の整備に努めている事。つまり州認定校という事になります。またクラスも全日制のプログラム(8:30am〜5:30pm)、School Day(8:30am〜3pm)、Half Day(8:30am〜12pmもしくは2pm〜5:30pm)と選ぶことができ、働いてるお母さま方のご都合にあわせてプログラムを組ませて頂いています。もちろん、曜日などの選択も可能。

理想的なバイリンガル・カリキュラム
同校では、教室内に英語を話す先生と日本語を話す先生が一緒に配置されています。子どもたちは英語を話す先生とは英語で、日本語を話す先生とは日本語で話すことにより、両言語を同時に、効果的にかつ自然に習得できます。同校のカリキュラムはまた、細かく時間を分けないという特徴もあり、特に幼児期は社会性を作ることが大事なので、個人のアクティビティが多くなってしまわないようにし、バイリンガル教育をベースに、子どもたちがのびのびと元気に過ごせる環境をご提供しています。

姉妹校ソラクラシックアーツ
日本語クラスではお子様のニーズにあわせて(日本語が第一言語なのか、第二言語なのか)、個人レベルに合ったプログラムで、会話、読み書き等が学べます。4歳以上のお子様には日本語クラブ、6歳以上ではひまわり日本語クラスとあり、日本の文化、ひらがな、言葉遊びなどを通して楽しく日本語を学べる事をモットーに取り組んでいます。 2歳児向けのレインボークラスでは、音楽、アート等を日本語のみで指導し、お子様たちの創造性、感性、社会性を育み、 また"The Young Pianist" の グループピアノレッスンではお子様の手のサイズに合ったキーボードで無理なく基礎レッスンができ、楽しく学べる環境が子供たちに喜ばれています。

モットー: 英語と日本語のバイリンガルの環境を整える
対象年齢: 2歳6カ月〜6歳
使用言語: 日本語50%/英語50%
J weekly Sora International Preschool
701 East Meadow Dr.
Palo Alto, CA 94303
356 El Camino Real
San Carlos, CA 94070
www.sorapreschool.com

Sora Classic Arts
630 Fremont Ave.
Los Altos, CA 94024
www.soraclassicarts.com
J weekly

J weekly 楽しく、自然に、高いレベルの日本語力を身につける
当教室のねらいは子供達にできるだけ高いレベルの日本語を、できるだけ楽しく自然に身につけてもらうことです。 1才から4才を対象にした日本語親子教室、Kから5年生が対象の日本語アフタースクールを提供しています。

親も一緒に楽しむ
保護者の皆様には常にお子様と日本語で話すこと、そしてお子様と一緒に楽しむことをお願いしています。親子教室では、お子様と一緒に日本語の歌やお話、ゲームを楽しんでもらいます。アフタースクールではゲームや遊びを通してお子様に日本語に触れて頂くと同時に、ご家庭での負担を減らすため宿題のお手伝いも致します。

毎日3時間日本語で過ごす
100%日本語というのが当アフタースクールプログラムの特徴。毎日最低3時間日本語で過ごすことでお子様の日本語力は無理なく確実に向上します。言葉は日々育むもの。週1回や2回の日本語教室ではなかなか定着しません。

言葉と文化を学ぶ
 日本語を学ぶことは日本文化を学ぶことの第一歩。アメリカに住みながら、日本の文化も学ぶことで、アメリカの文化、考え方が全てではないことがわかります。 異文化を尊敬、理解できる地球市民 を育てるのが私達の使命です。

J weekly モットー: 子供達に、楽しく、自然に、高いレベルの日本語力を身につけてもらい、多様な文化を理解できる地球市民に育ってもらうこと
対象年齢: 歳〜4歳(親子教室)・Kから5年生(アフタースクール)
使用言語: 日本語
J weekly ことば+カルチャー
564 Monterey Blvd.
San Francisco, CA 94127
kotobaandculture@gmail.com
www.kotobaandculture.com
J weekly

インド式数学教育で脳力開発 ここベイエリアにも各地にユニークなプリスクール、アフタースクールがあり、それぞれ独自のプログラムで教育を行っている。その中でも特色ある数学教育で異彩を放つのがサニーベールにあるIEMだ。IEMとは、India Education Methodsの略称。もともと、自身の子供の教育に心を砕くハワイ在住の親が様々な教育メソッドをリサーチし、行き着いたのがインド式の数学教育。しかし、それを施す学校がハワイにはない。「じゃあ、自分たちでやろう」ということで、インドでそのノウハウを学んで立ち上げたのがIEMだ。

  何故、数学
日本でもインド式数学を謳った教育があり、計算力の増進に成果を挙げているようだ。しかし、IEMがフォーカスしているのはそのような表面的な成果ではなく、数学的センスを養うことによる知能そのものの向上。数学は時間、空間の感性と論理的な推論能力の総合的な知的能力を必要とし、またそれを鍛えるものだ。「これは例えば暗記と反復練習が主な日本やアメリカの学校の数学教育では養われないものです。

  何故、インド式教育
そもそもDadlaniさんたちがインド式教育に注目したのは、AppleやGoogleといったIT企業やNASAのエンジニアの3分の1がインドで教育を受けているという事実を知ったことだという。そして、そのインド式教育の秘密をリサーチして知ったのは日本やアメリカの数学教育とは全く異なった方法だった。
「一言で言えば、それは右脳開発です」とDadlaniさんは言う。左脳が計算能力を司るのに対して、右脳はビッグ・ピクチャーを描いて問題解決を図るセンスと推論能力を司ると言われる。つまり、数学的な総合的問題解決の能力の根本は右脳にあるのだ。ところが、この右脳開発には年齢的な限界がある。最新の脳科学の知見では、数学的知能の元となる脳細胞間の神経回路の結びかたは11〜12才で完了してしまうという。「10才くらいまでの子供はほぼ100%右脳で生きています。右脳開発のチャンスはこの時期までです。」このチャンスを十二分に活かすのがインド式教育なのだという。

J weekly IEM
750 Sunnyvale Saratoga Rd. Suite #F
Sunnyvale, CA 94087
(Safeway Sunnyvale Center next to 24 Hour Fitness)
408-498-7194
www.growingIQ.com
J weekly

日本の学校に近い環境 知育・徳育・体育のバランスの取れた三育教育を目指しています。施設内には、安全に遊べる広いグラウンドや遊具、数千冊を所蔵する図書室、植物を育てるプランター、実験器具などがそろっています。
子供たちが日本に戻ったときに違和感がないよう、教室内の机の配置や壁面は可能な限り日本の教室に近付け、こま、竹馬、一輪車など日本の遊び道具も用意しています。

自分を愛するように他者を愛す
教育の目的は、子供たちが「自分の人生を幸せに過ごし、また他者をも幸せにする人になってくれること」。
母体のキリスト教会は150年前から三育教育を行っています。聖書を基にした「徳育」により、子供たちは、神様と教職員、そして保護者から愛されていると実感します。 子供たちに必要なのは、自分が有用な存在であると確認し、自分を愛するように他者を愛することなのです。

さまざまな行事やセミナーも
入学式や卒業式は日本と同じ形式で祝っています。また、運動会や餅つき会など、日本の文化伝承に関わる行事も実施。保護者の皆さんにも、このような行事やクラス活動に積極的に参加してもらっています。このほか大学進学セミナー、日本の中学・高校の説明会、心を育てる講演会など、さまざまなイベントも開催しています。

J weekly モットー: 幸せに生きる力、大切に育てます
対象年齢: 3歳?15歳
全体生徒数(日本人率): 400人(日本人:ほぼ100%)
使用言語: 日本語
J weekly 三育学院サンタクララ校
4250 Latimer Ave.
San Jose, CA 95130
408-378-8190
www.saniku.org
facebook.com/SanikuSantaClara
J weekly

ESLクラス
世界各国から来た外国人すべてに同じ方法で教える現地ESLの指導は、日本人には合わず、せっかく努力しても効果が出にくい場合がある。5歳から高校生までを対象とした同校のESLクラスでは、日本人向けに特化した独自の教材を採用。

子供向けクラス
頭の柔らかい子供たちは、語学習得も早い。そんな子供たちに必要なのは、基礎のしっかりした英語学習と、逆におろそかになりがちな日本語学習。3?5歳の幼児を対象とした「子育てクラス」では、経験豊かな教員と友達との会話を通じて日英両語を学べるコースを用意している。 小学生、中学生向けには、英語で出題される算数応用問題など個々人の悩みに対応する「短期集中コース」も用意している。

Eチューター
いずれ日本に帰国するという場合や他州、他国に転勤する場合は、オンラインプログラム「Eチューター」があるから安心だ。アメリカで受けていたのと同じレッスンを日本で受講し、英語力を維持することができる。

中・高校生向けクラス
アメリカでの大学進学を考えている中・高校生にとって、避けて通れないのがSAT(Scholastic Assessment Test)と呼ばれる共通テスト。日本の大学へ帰国生の枠で進学する場合も、このスコアが重要となる。このほかTOEFLやGPA(Grade Point Average)など、課題は山積み。文法の習得やボキャブラリーの増加、読解力の向上を図り、飛躍的なスコアアップを目指そう。

社会人向けクラス
英語には自信があるというビジネスマンこそ、正しい英語を使う必要性を感じている。ある程度英語ができると、逆に相手から「この人は英語が苦手」というフィルタが取れ、細かい単語や言い回しで人格やビジネス上の信頼度が判断されてしまうようになるからだ。同校の「エグゼクティブコース」ではマンツーマンの指導で、受講者の要望を優先したプログラムをカスタムメード。

J weekly Vantage Sunnyvale
826 E. Fremont Ave. Suite C
Sunnyvale, CA 94087
408-616-8881
Vantage San Mateo
1000 Park Place Suite O
San Mateo, CA 94403
650-356-0826
www.vantageschool.com
J weekly

多種多様なクラス設定
人種や年齢、日本語能力に関わらず、広く門戸を開くためのクラスの多様化を徹底しています。例えば日本語を話す小学生なら、教科書に沿ったクラスと会話重視のクラスがあり、小4以上では基礎科と応用科に分かれています。個人レッスンや家庭への出張レッスンも行い、そろばんクラスも盛況です。

安全に配慮した明るい教室
当園では各教室を年齢別に分け、正しい姿勢で学べるよう、椅子や机も使い分けています。幼児の教室ではくつを脱ぐほか、ドアに指を挟まないような対策がなされ、思いきり運動できる広場も用意。園内には季節ごとの生徒の作品が貼り出されています。

日本人の「和の心」
 子供たちが困難にぶつかったとき、簡単に諦めず前を向き、自分の力で考え、乗り越えようとする強さを持っていてほしいと思います。また、自分のことだけではなく周りの人の気持ちも汲み取れる優しさ、日本人の「和の心」に通じる協調性の大切さも教えていきたいですね。

年中行事が盛りだくさん
夏の楽しみは流しそうめん。子供たち自身で屋外に装置を設置し、だしつゆも作ります。正月には餅つき、節分には豆まき、中秋の名月には団子作りも。調理実習や書道などは大人気の体験型学習。土曜日の夜のパジャマパーティー、大勢の前でスピーチするお話大会もあります。

J weekly モットー: 「使える国語力」 「生きる力」 を目指す教育
対象年齢: 2歳〜大人(親子教室は1歳〜)
全体生徒数: 約400人
使用言語: 日本語/そろばん(日英)
J weekly さくら学園
6650 Owens Dr.
Pleasanton, CA 94588
925-924-0307
www.eastbaysakuragakuen.com
sakuragakuen1@gmail.com

免責事項と著作権について | サイトマップ | 採用情報 | 会社概要 | お問い合わせ | © 2018 J weekly